2015年10月05日

「信仰」という名の虐待 Part3 「まず愛のシャワーを注ぎ恐怖と罪責感と威嚇で服従へ」

 世界の専門家は「『信仰』という名の虐待」について、だいたい似たような見解を持っています。それが虐待であるかどうかを見分けるには、その教会の信じるものや教義を十分に見分けなければなりません。中でも、人間の尊厳や自由、人権をいちじるしく侵害する策略や行動があるかどうかを観察すべきです。つまり、それが有害か、あるいは非常に危険であるかどうかを調べるのです。
 「信仰」の名のもとに虐待を行う教会は、信者たちを支配するために、恐怖、罪責感と威嚇を使います。どんな命令でも信者たちは牧師に従わなければなりません。信者たちの判断ではなく、牧師と、その牧師の聖書の教えの判断が必ず正しいのです。どんな問題に対しても、最後に牧師だけが決断することができます。牧師と教会の聖書の解釈に対する批判は許されません。牧師は聖書のみことばを使い、信者たちを家族、友達や一般社会から受ける批判的な影響から遠ざけようとします。
 信者たちは、牧師や教会に対して少しずつ批判する能力がなくなっていきます。最終的に、牧師と教会に全く依存するようになってしまいます。依存する状態が完全にできてしまうと、牧師は信者の考え方、感情、行動をすべて支配することができます。信者たちにとって、牧師と教会の精神的な支えを失うことに対する恐怖が、だんだん大きくなり、自分で判断することが難しくなるのです。
 信者たちの間に牧師と教会に対する批判があったり、あるいは教会から離れたいという思いがあったりづる時に、牧師や長老たちは彼らに対していろいろな脅しを行います。たとえば、「あなたは地獄に落ちる」とか、「神様はあなたを永遠に許さない」とか、「あなたはサタンのものになる」などと信じこまされるのです。彼らは、その教会から離れることは神様を捨てることだと信じています。そのような恐怖を植えつけることにより、結果的に、信者を完全に服従させることになるのです。
 確かに牧師は聖書のみことばを使っています。けれども一部分だけです。聖書の文脈、歴史的背景、原語を無視して、勝手に独自の解釈をつくり、信者に教えます。部分的にではありますが、聖書を使うので、信者たちは聖書を見るたびに、牧師の独自の解釈を聖書の教えだと思い込みます。
 多くの被害者の証言によると、そのような牧師に出会った時の印象は、それまでに出会ったこともないようなカリスマ的な存在で、霊的で、優しく、情け深く、理解のある人物だったというものです。彼らはその後、「こんなひどい目に遭うとは夢にも思いませんでした」と説明します。
 これは、破壊的カルトの中でよく使われている「ラブ・ボミング」(愛のシャワー)というテクニックです。とにかく信者にさせるために、その人に好意の雨を降り注ぎます。その人をほめます。よく笑う人であれば「明るいですね」とほめます。笑わない人であれば「まじめなんですね」とほめます。あらゆる点についてその人をほめるのです。(マインド・コントロール研究所所長 パスカル・ズィヴィー)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年2月3日号

abuse3.jpg
posted by CVSA事務局 at 21:26| Comment(0) | 問題提起

2015年09月02日

「信仰」という名の虐待 Part2 「罪責感を植えつけ支配する心理操作のメカニズム」

 2002年のクリスチャン新聞に、9回にわたって「『信仰』という名の虐待」という題の記事が連載された。あれから、13年と半年の歳月が流れたが、この問題は解決するどころか、広がりを見せている。これは昔の問題ではなく、今も解決が見られない問題である。
著者の了承を得て、ここに、記事を抜粋する。
----------
 人間を支配するためにはいろいろなテクニックがあって、それによって操作された人は傷を受けます。「信仰」という名の虐待が、精神的な面を支配するだけでなく、人間の霊的な(魂の深みの)部分にまで及んだ場合には、傷はとても深く、立ち直るのに非常に時間がかかります。
 この問題を研究しているアメリカの牧師ジェフ・バン・ボンデレンの指摘によると、普通の教会では、牧師や長老は信者の精神面を霊的に支え、育てていく役割を担っていますが、牧師や長老が自分たちの欲求を満たすために信者たちの心を利用するようになると、これは「『信仰』という名の虐待」となります。
 そのような牧師や長老たちは、「自分たちの言うことに逆らうならば、それは神様に反逆することと同じだ」と言って、相手に強い罪責感をもたせます。罪責感を植えつけられた人は、牧師に背いて自分の意志を持つことに対して、強い恐怖感を抱くようになります。そのために、社会生活においても自分の意志を表すことをあきらめるようになり、牧師や長老たちから支配されるままになっていきます。
 実際に起こった事例を2つあげたいと思います。(特定の教会の例ではなく、各国で報告されている典型的なケースを編集してあります)
 ある教会では礼拝の時に、牧師が一人の信者を名指しで批判しました。「自分の言うことを聞かなかったので、大変な罪を犯したことになる」と言い、他の信者に向かって、「今から彼と話をすることを禁止します。彼の行動はすべて私に報告しなさい」と命じました。名指しをした信者に対しては、「あなたが悔い改めるまで、これを続けます」と言いました。またある教会では、牧師と長老たちが信者の家を一軒一軒訪ねてまわり、「○○さんと交わりを持つのは神様から見て良くないので、交際をやめなさい」と言いました。
 どちらの例も、牧師と長老は、信者に命令する時に聖書のみことばを用い、あたかもそれが神様の命令であるかのように言いました。批判を受けた前者の信徒はその教会にいられず、別の教会へ移りました。そこで出会った牧師を通して、自分が前の教会で操作されていたことに気がつきました。そして長い時間をかけて自分の深い傷が癒されていきました。しかし、後者の信徒はその教会へ行かなくなりましたが、心の傷がとても深かったために、他の教会を訪ねる気持ちにさえなりませんでした。
 破壊的カルトから離れると、元メンバーはその集団によっていろいろな呼び方をされます。統一教会では「落ちた者」、オウム真理教では「下向者」、エホバの証人では「背教者」という具合です。破壊的カルトの信者がこのようなことばを聞くと、離脱した人たちに対して、「かわいそう」「神様を悲しませた」、あるいは「神様を裏切った」などと思うようになり、以前のように付き合うことができなくなります。そのことばのみで判断して、その人がどうして離れたのか、本当の理由を考えることもしなくなります。「虐待」を行う協会の中では同様のことが起こるのです。(マインド・コントロール研究所所長 パスカル・ズィヴィー)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年1月27日号


abuse2.jpg
posted by CVSA事務局 at 22:10| Comment(0) | 問題提起

2015年08月06日

「信仰」という名の虐待 Part1 「普通の教会が『カルト』化する現象が増えてきている」

 2002年のクリスチャン新聞に、9回にわたって「『信仰』という名の虐待」という題の記事が連載された。あれから、13年と半年の歳月が流れたが、この問題は解決するどころか、広がりを見せている。この被害者たちは、どうなったのだろうか。
著者の了承を得て、ここに、記事を抜粋する。
----------
私はこの10年の間に、多くのカルト信者とその家族からの相談を受けてきました。そして1年前に、ある元カルトメンバーの協力により、ホームページを開くことができました。(http://www2.ocn.ne.jp/~mind123c/)*1 ホームページの1番の目的は、元カルトメンバーの相談、カウンセリング、リハビリテーションを行うためです。

 ホームページの内容は、日本語、英語、フランス語と3か国語で作られているため、メールの相談は、日本だけではなく、諸外国からも届きます。届いたメールの中で、クリスチャンとして残念な内容のものがありました。それはクリスチャンからのものでした。彼らの話によると、入信している教会の牧師、長老あるいは他の信者たちから精神的な被害を受けたというのです。

 全国各地の他のカウンセラーたちも、同じような相談を受けているといいます。さらに、日本だけにとどまらず、アメリカやヨーロッパでも同じような被害を受けている人がたくさんいると、専門家たちが報告しています。すでにこの問題について英語とフランス語で数冊の本が出版されました。アメリカの専門家たちは、こうした状態をSpiritual Abuse「『信仰』という名の虐待」と呼んでいます。

 この問題について私が感じることは、すでに各国で問題と報告されているこのような現実に対して、日本ではまだクリスチャン、牧師、長老があまり理解していないということです。

 「虐待」と感じていない時は問題はないでしょう。その場合には、それとわかってから、学ぶことができます。しかし、この「『信仰』という名の虐待」があるとわかっていながら、その現実から逃げている、あるいは傍観しているクリスチャンが多いのではないでしょうか。私は相談者から、「他のクリスチャンに助けを求めても、だれも私の苦しみを受け入れてくれなかった」と聞きました。

 私は、破壊的カルトのマインド・コントロールの研究によって、一般的な宗教でも、「信仰」の名目で、人々の精神を操作する危険性があることを考えておかなければならないことがわかってきました。日本にはあまり資料や文献がありません。今回の執筆によって、特定の教会・教団あるいは牧師の批判をすることを目的としているのではありません。むしろ、多くの人たちにこの「『信仰』という名の虐待」の問題を理解していただくために、いろいろな観点から考えていきたいと思っています。

 現代のキリスト教の中には、こうした問題が確かにあります。もちろん、すべてのキリスト教会でこのようなことが行われているわけではありません。しかし、現実にはその危険性が十分にあり、クリスチャンは注意しなければならないのです。

 もしこうした状態が実際に存在すれば、その教会はカルトになる可能性があると考えなければなりません。この状況を回避する重要なポイントは、より多くのクリスチャンがこのことを認識し、問題に対して立ち向かっていくことだと思います。(マインド・コントロール研究所所長 パスカル・ズィヴィー)
----------
*1) 現在、アドレスが変わっています。http://mindcontrolkenkyujo.web.fc2.com/index.html

出典:クリスチャン新聞 2002年1月20日号


abuse1.jpg
posted by CVSA事務局 at 22:02| Comment(0) | 問題提起