2015年03月30日

『キリストの花嫁 5』雅歌 4:8-16

 前回は、婚礼の様子と花嫁の美しさを見てきた。成長した花嫁は、すべてが美しく汚れがなかった。7節の後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。花婿が、没薬の山、乳香の丘へ行って、場面は変わる。続きを見よう。
-----------------
『北風と南風−きよめといのちの恵み―』雅歌 4:8-16(新改訳聖書使用)

花婿の招き
 「花嫁よ。私といっしょにレバノンから、私といっしょにレバノンから来なさい。アマナの頂から、セニルとヘルモンの頂から、獅子のほら穴、ひょうの山から降りて来なさい。」(雅歌 4:8)花婿は、花嫁を招く。遠いところに先へ先へと行って待たれるのではなく、「私といっしょに」とともに歩んでくださるのである。レバノンは、ヘブル原語のlbn「白」の派生語であり、レバノン杉と同様、きよめの象徴である。自我が砕かれきよめられた花嫁は、そこから主とともに歩み出すことを求められている。アマナは、レバノン山脈の東方側(アンティ・レバノン山脈)の峰の一つで、ヘブル原語の「堅い契約、職務、建てること、支えること、忠実であること」を意味することばである。結婚の契約を通して、子孫を建て上げる豊かな実りの契約ということである。セニルは、ヘルモン山の呼称であり、とがったとか、頂上という意味がある。アマナとセニルとヘルモンは、ヘルモン山の3つある頂の名である。ヘルモンは、霧で有名であり、ヘブル原語の「引きこもる」という意味がある。ヘルモン山からの霧は周りの地域を潤し、豊かな実りによる祝福を産み出した。「没薬の山、乳香の丘」(雅歌 4:6)と更なるへりくだりと信仰の高みに行くには、今いる山を降りて越えてこなければ、頂にとどまっている限りにおいては、行くことができないのである。きよめのレバノン山脈を越え、高くそびえるセニルの頂を越え、霧のヘルモンの頂を越え、安全で平和なへりくだりの山への招きである。レバノン、アマナ、セニル、ヘルモンにいる花嫁は、常に危険を伴っていたのである。そこは、ライオンやひょうが棲息し、洞窟があるところであった。常に戦いを意識している必要があった。そこを越え、「没薬の山、乳香の丘に行こう。」と花婿は言われる。

 「私の妹、花嫁よ。あなたは私の心を奪った。あなたのただ一度のまなざしと、あなたの首飾りのただ一つの宝石で、私の心を奪ってしまった。」(雅歌 4:9)花婿は、「私の妹」と花嫁を呼んでいる。確かに、キリストは、私たちの初穂であり兄であるお方である。イエスの心を奪うもの、引きつけてやませないものとは何か? 花嫁のただ一度のまなざしと、花嫁の首飾りのただ一つの宝石で、とある。花嫁の見た花嫁の目は、顔おおいのうしろで鳩のよう、つまり、素直で、識別力にたけ、しかもへりくだりの中の目であった(雅歌 4:1)。花嫁の首飾りの宝石は、宝石の首飾りは、“chains of gold”「金の鎖」であり、金は神性、鎖はつながれるということから、主に明け渡された意志であった(雅歌1:10)主をとりこにしたのは、花嫁の素直で賢くへりくだったただ一度のまなざしと、主に明け渡されたただひとつの意志であった。これらは、花婿の御前に尊く、価値あるものである。

 「私の妹、花嫁よ。」(雅歌 4:10)と念を押すかのように、もう一度呼びかけられる。「あなたの愛は、なんと麗しいことよ。あなたの愛は、ぶどう酒よりもはるかにまさり、あなたの香油のかおりは、すべての香料にもまさっている。」(雅歌 4:10)ことを雅歌の初めに、花嫁が花婿の愛について言っている。「あなたの愛はぶどう酒よりも快く、あなたの香油のかおりはかぐわしく、あなたの名は注がれる香油のよう。・・・。私を引き寄せてください。」(雅歌1:2-4)花嫁が、花婿を愛した初めの愛を、花嫁に思い起こさせることばである。当初の花嫁には、狂おしいほどの花婿への愛への飢え渇きがあった。孤独の試練を経、傷ついた花嫁が忘れてきた思いである。花婿の姿が見えなくなって、回復した思いであったが、完全な回復ではなかった。「あなたの愛は、ぶどう酒よりもはるかにまさり、」十字架の贖いよりも快い、成長した愛、花嫁の愛もまた、十字架の購いでとどまってはいず、成長していたのである。「あなたの香油のかおりは、すべての香料にもまさっている。」没薬や乳香、貿易商人のあらゆる香料の粉末をくゆらして、煙の柱のように荒野から上って来た花嫁。その香料は、調合され、バランスがとれた一致のあるかおりであった。その一致のあるかおりは、どんな他の香料よりまさるものであった。

 花婿は続ける。「花嫁よ。あなたのくちびるは蜂蜜をしたたらせ、あなたの舌の裏には蜜と乳がある。あなたの着物のかおりは、レバノンのかおりのようだ。」(雅歌 4:11)罪深さを熟知し、簡単に切れて毒づいたりしない花嫁の紅の糸のようなくちびるは、蜂蜜をしたたらせていた。「あなたのみことばは、私の上あごに、なんと甘いことでしょう。蜜よりも私の口に甘いのです。」(詩篇 119:103)みことばを十分に蓄え、くちびるからしたたり落ちるように、自然にみことばがこぼれ落ちるくちびる、こぼれてもこぼれても、蓄えた蜜と乳はなくならず、舌の裏(ヘブル原語は「下」)に蓄えられているくちびる。花嫁は、蜜のように甘いみことば、乳のように赤子にも吸収できるように処理されたみことばを蓄えているのだ。「あなたの着物のかおりは、レバノンのかおりのようだ。」(雅歌 4:11)花嫁が着ている着物は、レバノンのかおりのよう、つまり、雪よりも白くきよめられた義の衣である。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。美しい花嫁のようすが語られた。

 「私の妹、花嫁は、閉じられた庭、閉じられた源、封じられた泉。」(雅歌 4:12)初穂なるイエスさまの妹は、イエスさまの歩まれた十字架の苦難の道の後に続く者でもある。花嫁は、この苦難の試練を通り、心を閉ざしてしまう経験をしていた。人が集えるように整えられた庭、園のような広い心を持っていた。いのちの源であるみことばを流す源泉であった。そして、生ける水が湧き出す泉でもあった。いのちの躍動が見られる生き生きとした花嫁であり、人にもそれが伝えられた。それが今、汚れから守るために、純潔を保つために、庭は誰も立ち入らないように閉ざされてしまい、源、源泉はいのちを流さないように閉ざされてしまい、泉も外に流れないように封じ込められてしまっている。開けば、封印を解けば、ふたたびいのちがあふれるのであるが・・・。

 花嫁から、どんなものが産み出されるか。「あなたの産み出すものは、最上の実をみのらすざくろの園、ヘンナ樹にナルド、ナルド、サフラン、菖蒲、肉桂に、乳香の取れるすべての木、没薬、アロエに、香料の最上のものすべて、庭の泉、湧き水の井戸、レバノンからの流れ。」(雅歌 4:13-15)この箇所は、花嫁の産み出すものとして、ガラテヤ 5:22,23の御霊の実と対比させ、これまでも述べてきた。「御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。」(ガラテヤ 5:22,23)
 @最上の実をみのらすざくろの園 ざくろは愛である。中東のことわざには、「ざくろを食べなさい。そうすれば、ねたみと憎しみが取り去られる。」というのがあることを先週も述べた。愛ほど、ねたみと憎しみを取り去ることのできるものはない。中東の熱くて乾燥した地域では、果汁が多く、すっぱいざくろの果実は、心をも潤したようだ。ざくろは、中の種の部分を食する果実である。多くの愛の種を宿し、人々を潤すざくろ、花嫁は、ざくろの中でも最上の実をみのらせるざくろを産み出すことができ、しかもそれは、果樹園を形成するほどのものなのである。
 A ヘンナ樹 ヘンナ樹は、高さ2〜5メートルの潅木で、多数の花を付け、非常によいかおりがする花をもつ。化粧やしみを隠すため、また香水にも使われ、また、皮をなめすときや、堅くしたりするときにも使われた。喜びは人を美しくする化粧品である。またよいかおりをただよわせる香水でもある。ヘンナ樹は、喜びを象徴する。しみやしわを主におおってもらうことは、喜びである。また、「主を喜ぶことは、あなたがたの力である。」(ネヘミヤ 8:10, 欄外) というが、皮をなめす時に、堅く強くするヘンナ樹は、まさに喜びの象徴である。
 Bナルド ナルドは、おみなえし科の宿根草である。ナルドは、平安、平和に当たる。ベタニヤのマリヤが十字架を目前にしたイエスに(マルコ 14:3では頭から、ヨハネ 12:3では足に)ナルドの香油を塗った。この香油は、大変香りが強く、家が香油の香りでいっぱいになったとある(ヨハネ 12:3) 。ナルドの香料は最もかおりの長持ちする成分を構成するものとして有名であったと言われている。強い香りゆえに、続くピラトの裁判の法廷に、ヴィア・ドロロサに、ゴルゴダの丘にと、埋葬されるまで香ったことであろう。平安、平和をもたらした主の十字架のかおりである。ナルドはまた、ローマや中東で、精神安定剤としても用いられた。神の平安は一番の精神安定剤である。13節の終わりと14節の初めに、この平安の象徴ナルドが計2回述べられている。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(マタイ 11:28-30) と主イエスは言われた。イエスのもとに来たときに得る平安、その平安からくるたましいの安らぎ、憩い、平和。平安はこの2面がある。
 C サフラン 寛容、忍耐(ヘブル語の訳)に当たる。聖書には、「怒るのにおそく、恵み豊かな神」(民数 14:18)とあるが、寛容は忍耐を伴い、忍耐は寛容を伴う。めしべの柱頭が料理の風味と色(あざやかな黄色、パエリアなど)をつけるのによく用いられるが、サフランは、クロッカスによく似たあやめ科の球根植物である。複雑な薬の成分の一つにも使われ、ヒステリーの鎮静剤として用いられた。サフランの色を変える力、着色力は、多くのものの色を変える忍耐の力についての描写のようである。たとえば、ヒステリーを起こし、周囲を真っ黒に染め上げている状況下で、だれかがこの忍耐と寛容のサフラン(鎮静剤)を用いるなら、次第にヒステリーはおさまり、周囲を麗しい色に染め変えられるのである。
 D 菖蒲 親切、慈愛、善、やさしさに当たる。菖蒲は、葦のような多数の茎が集まった、切るとよいかおりがする芳香性の植物である。根茎の精油は、芳香性の健胃薬として、茎の甘い糖分は食用のシロップに、茎は音楽の演奏に用いられた。胃にやさしく、甘くやさしい、やさしく心地よい音楽・・・というところだろうか。
 E 肉桂 善意に当たる。シナモンといえばわかりやすいだろう。芳香性のある根の皮は、健胃薬になり、味や臭いの矯正薬(矯味、矯臭薬)、菓子として用いられた。まさに善意の薬である。
 F 乳香の取れるすべての木 乳香は誠実、信仰(ギリシヤ語ピスティスの訳)に当たる。乳香は、白くなるという意味の語源から来ている語である。乳香は苦味と酸味があり、きれいで安定してよいかおりのする炎を上げて長時間燃える。信仰の炎である。ささげものに添えられた純粋な乳香は、主の御前に立ち上る信仰のかおりとなって立ち上った。乳香はまた、薫蒸とばい菌や虫を殺すための薬として用いられた。私たちの霊を汚す菌を退治するのもまた、信仰の力である。
 G 没薬 柔和に当たる。没薬とは、ミルラという棘のある低木の樹脂を濃縮したものであり、古くから、通経薬、胃薬、うがい薬、ミイラ作りの薬として用いられてきた。白や黄色の小さな丸薬で売られていて、強いよい匂いがあり、苦味がある薬である。麻酔薬としてよく用いられ、十字架上のイエスに、兵士たちは、没薬を混ぜた酸いぶどう酒を差し出したのは、麻酔薬としてであった。柔和、へりくだりを持つことは、麻酔薬の役割を果たす。他人が、どんなに心を傷つけるような痛いことを言ったとしても、この麻酔薬が効いているなら、大丈夫である。自分は言われて当然な罪ある者であるのだから。シムイにのろわれたダビデがそうであった。息子アブシャロムに王座を明け渡し、逃亡の身となったダビデをシムイはのろった。それに対するダビデは、「ダビデはアビシャイと彼のすべての家来たちに言った。「見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。主が彼に命じられたのだから。たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」(Uサムエル 16:11,12)であった。信仰のへりくだりである。
 H アロエ 自制、節制、克己(欲望、衝動を押さえる)、寛大、に当たるやけどの特効薬、緩下剤など医者いらずの薬として用いられている。また、防腐剤としても用いられた。自制というものは、やけどを防ぎ、喜びや楽しみを持続させ、腐るのを防ぐ、医者いらずのアロエのようである。自制がきかないために、カード地獄など大やけどをした人はたくさんいる。これらの香料の中でも、花嫁の産み出す香料は、香料の最上のものすべてであった。ここまでが、御霊の対比に見る花嫁の産み出す実である。それ以外にあと3つ、産み出すものが描かれている。
 @ 庭の泉 庭園にいのちを与えるのは泉である。いのちの泉は、主を恐れることであると聖書は言っている。「主を恐れることはいのちの泉、死のわなからのがれさせる。」(箴言 14:27)花嫁は、主を愛することだけでなく、主を恐れてもいた。
 A 湧き水の井戸 生ける水の井戸(泉、穴)新鮮な生ける水が絶えず湧いている井戸に花嫁をたとえているのである。
 B レバノンからの流れ きよめの流れ。他人をもきよめることができる花嫁。閉じられた庭、閉じられた源、封じられた泉であった花嫁が、開かれるとき、庭の泉、湧き水の井戸、レバノンからの流れ、大川になるほどの流れが産み出されるのである。以上、花嫁の産み出す十二個のものを見てきた。

花嫁の応答
 4章1節から15節までにわたった花婿のほめことばに、花嫁は応答する。いなくなった花婿を捜しまわって、しっかりとつかまえて、母の家の奥の間に連れて行って、婚礼の儀のようすが描かれ、花婿のほめことばがあり、山から降りてくるように招かれた後、最初に出てくる花嫁のことばである。「北風よ、起きよ。南風よ、吹け。私の庭に吹き、そのかおりを漂わせておくれ。私の愛する方が庭にはいり、その最上の実を食べることができるように。」(雅歌 4:16)花婿のことばに応答し、花嫁は、自分が産み出す最上の実をともに喜ぶことができるように、北風と南風なのかを見てみよう。
 @ 東風は、聖書において、主の懲らしめの風として描かれている。熱い焼けつくような風が砂漠から吹いてきたからである。ヨセフが解き明かしたパロの夢は、「東風に焼けた、しなびた七つの穂が出て来る」夢であった(創生記 41章)。モーセによる出エジプト時に、エジプトに下された十の災いの8番目のいなごは、東風が運んできた。「主は終日終夜その地の上に東風を吹かせた。朝になると東風がいなごの大群を運んで来た。」(出エジプト 10:13)紅海を分けたのは、東風であった。これは、イスラエル人を救うと同時に、エジプトをさばいた。「モーセが手を海の上に差し伸ばすと、主は一晩中強い東風で海を退かせ、海を陸地とされた。それで水は分かれた。」(出エジプト14:21)また、「あなたは東風でタルシシュの船を打ち砕かれる。」(詩篇 48:7)ともある。
 A 西風はどうか。先ほどのエジプトへのいなごの大群を追いやったのは、西風である。「主はきわめて強い西の風に変えられた。風はいなごを吹き上げ、葦の海に追いやった。エジプト全域に、一匹のいなごも残らなかった。」(出エジプト14:19)西の風は、また雨をもたらす風でもあった。イエスさまは、正しいことを見分けるたとえとして言われた。「あなたがたは、西に雲が起こるのを見るとすぐに、『にわか雨が来るぞ。』と言い、事実そのとおりになります。」(ルカ 12:54)また、エリヤが手のひらほどの雨を見たのも海の方、つまり西であった(T列王 18:42-46)。西風は恵みの雨と祝福の象徴である。
 B 北風は冷たくて、寒々とした冬の突風のような風であり、(さばきも含む)きよめを象徴する。「今、雨雲の中に輝いている光を見ることはできない。しかし、風が吹き去るとこれをきよめる。北から黄金の輝きが現われ、神の回りには恐るべき尊厳がある。」(ヨブ 37:21,22)エリフが語った北風である。エゼキエルの召命時の神の顕現は、「わたしが見ていると、北の方から激しい風が大いなる雲を巻き起こし、火を発し、周囲に光を放ちながら吹いてくるではないか。その中、つまりその火の中には、琥珀金の輝きのようなものがあった。」(エゼキエル 1:4<新共同訳>)
 C 南風は、新しい成長といのちの恵みをもたらす風である。

 花嫁が、「北風よ、起きよ。南風よ、吹け。」と言ったのは、花嫁の切なる願いでもあったのである。園をきよめる北風、自分も、そして周囲もきよめる北風が起きるのを待ち望む花嫁。「北風よ、吹け。」ではない。痛い目にあうことを望んでいるわけではない。起きて目覚めてくれればよい。吹くのは南風である。兄弟にいじめられた花嫁や、北朝鮮の拉致の被害者である横田めぐみさんのお母さんのように、いわれのない被害にあった人は、北風が起こってほしいと願っている。それは、その人たちを恨んだりする感情とは違い、愛から出た感情である。周囲の汚れによる被害、自分も罪ある者だが、その自分をきよきうるわしいものに目を向けていけないほどに、追い詰めた周囲の罪。自分も他人もきよめられなけらば、真の安息はないのである。きよめの後は、恵み、成長、いのちの躍動があって欲しい。母なるご聖霊、花婿なる主イエスといつもともにいて、すでに雨の恵み、祝福の中にあり、その祝福の中のつらい試練にあった花嫁には、西風は十分であったのである。「満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道で」(Tテモテ 6:6)あり、主に喜ばれ、すべてを受ける道なのである。北風が起きて、南風が吹いてきてこそ、花嫁は、最上の実をかおらせることができるのであり、花婿もその実を楽しむことができるのである。私たち現代のクリスチャンに必要なことは、雨の恵みや祝福の西風ばかりを求めることではなく(それも必要であるが)、「北風よ、起きよ。南風よ、吹け。」と求めることである。

落ち穂の会提供
posted by CVSA事務局 at 15:42| Comment(0) | 雅歌

2015年03月22日

『キリストの花嫁 4』雅歌 3:6-4:7

 最近、「キリストの花嫁」という言葉が盛んに使われているようだ。
ヨハネの黙示録19章や21章に小羊の婚礼の時と花嫁について語られているため、終末とともに語られがちだからだ。
キリストの花嫁というのは、なりたいと努力してなるものではない。
キリストの花嫁の姿は、雅歌を読み解くと、現れてくる。

 前回は、孤独の試練を通ったため、花婿の誘いにも壁を作り、花婿を拒んでいた花嫁の自我が砕かれていく様子を見てきた。花嫁は、花婿との仲も回復され、母の家に、花嫁をみごもった人の奥の間に、つまり祈りの部屋へ、花婿をせかすように連れて行き、エルサレムの娘へ、再度、愛への干渉をしないように誓わせたところまでを見た。この5節の終わりには、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。花婿と花嫁が、祈りの奥の間で、過ごし、時が経っていった。その続きを見ていこう。
-----------------
『煙の柱のように−婚礼の時―』雅歌 3:6-4:7(新改訳聖書使用)

婚礼の行列
 「没薬や乳香、貿易商人のあらゆる香料の粉末をくゆらして、煙の柱のように荒野から上って来るひとはだれ。」(雅歌 3:6)ここからのことばは、誰が誰のことを言ったことばであるか、見解の分かれている箇所である。花嫁のことばであると言う人もいるが、「婚礼の日、心の喜びの日のために、」(雅歌 3:11)と婚礼の日であり、その行列のときの第三者である周囲のことば、エルサレムの住民のことばだと言える。「見て、見て、あの美しい栄誉ある座についた花嫁は、だれ?」といったところである。『キリストの花嫁 1』で見た雅歌 4:13,14の花嫁から産み出される9つのかおりの実とガラテヤ 5:22,23の御霊の9つの実の対比によると、没薬は「柔和(へりくだり)」、乳香は「誠実(ギリシャ語のピスティス〈信仰〉」にあたる。ささげものに添えられた純粋な乳香は、主の御前に立ち上る信仰のかおりとなって立ち上った。「貿易商人」(ヘブル原語では「交易する、取り引きする、商人」)私たちと取り引き契約されるのは、神であられる主イエスである。ここは、「没薬(へりくだり)や乳香(信仰)、貿易商人のあらゆる香料の粉末(主イエスの持たれるあらゆるかおり、これは、砕かれたかおりであった)をかおらせて、煙の柱のように(柱のようにまっすぐに神の御前に立ち昇るような祈りを携え)、(試練の)荒野から上ってくるあの人はだれ。花嫁はだれ?」と参列している人々が、花嫁を見て、ためいきが出るほどの賛嘆の声を上げたのである。王と結婚したシンデレラを見る人々のような・・・。

 「見なさい。あれはソロモンの乗るみこし。その回りには、イスラエルの勇士、六十人の勇士がいる。」(雅歌 3:7)「ソロモンの乗るみこし」となっているが、原文は、みこしの所有者、発注者を表わす表現がされているだけであるということで、花嫁が乗ったとする解釈もあるが、10節のみこしの装飾からみると、「ソロモンの乗るみこし」でよいと思われる。解釈者によって、いろいろと意見が分かれるところであり、いろいろ解釈もあると思うが、ここは、そういうふうにまとめてみた。ここの「みこし」はヘブル原語では「寝台、床、ソファー、棺代」であり、花婿が休まれている場である。
 「あれがソロモンの乗るみこしよ。あのお付きの従者たちのいさましいこと。」ソロモン王の栄華は、イエスの型ともなっていて、栄光あふれたきらびやかさがある。そのきらびやかさは、「地上のどの王よりもまさっていた」(T列王 10:23)とあり、金、銀、象牙、武器・・・と贅沢をつくしていた。そのソロモンのみこしである。さぞ豪華であろう。みこしの回りにいる六十人のイスラエルの勇士、イスラエルの勇士、つまり、主の勇士といえば、祈りの勇士、六十は六(完全数七より一つ足りない人を表わす数)×十(十戒のように神の前の人の責任、十全、欠けたところのない完全)で、神の御前で責任を果たす祈りの人たちということである。

 「彼らはみな剣を帯びている練達の戦士たち。夜襲に備えて、おのおの腰に剣を帯びている。」(雅歌 3:8)祈りの勇士たちはみな、剣を帯びていた。御霊の剣といえば、神のことば、みことばである。「御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。」(エペソ 6:17)祈りの勇士たちは、みなみことばで武装されている戦いにたけた熟練された戦士たちであった。ふいの夜襲にも備え、おのおのが腰に剣を帯びていた。腰は、もも、腰、わき腹、基部にあたり、生殖の種を保持しているということから生殖の力を表わす。いのちを産み出すみことばを携えている練達の戦士。主の戦士たちである。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。

 「ソロモン王は、レバノンの木で自分のためにみこしを作った。」(雅歌 3:9)ソロモン王(主イエスの型)、花婿は、自分のために、みこしを作った。ここのみこし(ヘブル原語の「神輿、天蓋」)は、神の霊が座す場である。7,8節のみこしでは、安息が表現されていた。ここからは王なる尊厳である。材料はレバノン杉。レバノン杉は、汚れをきよめる水を作るために保存される灰を作るときに、ヒソプや紺色の糸とともに使われたもので、きよめをあらわす。

 「その支柱は銀、背は金、その座席は紫色の布で作った。その内側はエルサレムの娘たちによって美しく切りばめ細工がされている。」(雅歌 3:10)みこしの支えなる柱は、購いを象徴する銀、背(うしろ<口語訳>、support<New King James Version Bible(英国欽定訳)>は神性を象徴する金、座席は王を象徴する紫の糸で作られていた。この紫の王の座、ちりばめ細工こそが、ソロモンの座ということを示している。乗るのは、花嫁ではないように思われる。私たちの王なるイエスは、私たちの王という点では、購いを中心とし、神性の輝きを放ち、王の席につかれる。内側はエルサレムの娘たちによって美しい切りばめ細工がなされているというのは、神にあって隠れてなされた信者たちのいろいろな美しいわざのことである。購い、神性、王、信者たちのわざ、それらが、花婿のみこしを形成しているのである。

 「シオンの娘たち。ソロモン王を見に出かけなさい。ご自分の婚礼の日、心の喜びの日のために、母上からかぶらせてもらった冠をかぶっている。」(雅歌 3:11)あまりの荘厳さに、シオンの娘(エルサレムの別の呼び方)たちに花婿と花嫁の婚礼の儀を見に行くように勧めている箇所である。花婿は、花嫁の結婚の日を待ち望み、心の喜びとされている。その心の喜びの日のために、王である花婿は、母上からかぶらせてもらった冠をかぶっている。「母上からかぶらせてもらった冠」母とはご聖霊であることは、今までも見てきた。バプテスマのヨハネからバプテスマを受けられたイエスさまに、天が開け、神の御霊が鳩のように下って、イエスさまの上に来られた(マタイ 3:16)。この冠である。神であられるのに、人、しかも無力な赤子の姿をとって来られたへりくだりの主、いばらの冠をつけられて十字架にかかられた主の冠である。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。婚礼から、時が経っていった。

花嫁の美しさ
 「ああ、わが愛する者。あなたはなんと美しいことよ。なんと美しいことよ。」(雅歌 4:1)1章15節で、孤独の苦しみから目を上げ、花婿が与えるへりくだりと、喜びを理解した花嫁に感動し、賛嘆したときのことばと同じことばが、また出てくる。今度は、自我が砕かれ、成長した花嫁の美しさに感動しているのである。「あなたの目は、顔おおいのうしろで鳩のようだ。」(雅歌 4:1)1章15節で、「あなたの目は鳩のようだ。」と言っていたのが、今度は、「顔おおいのうしろで」という修飾語がついている。試練をくぐりぬけ、自我が砕かれた花嫁は、顔おおいというへりくだりのベールをつけて出てきたのである。鳩の目は、素直だが、鋭い識別力がある。伝道鳩は、長距離を飛んだ後でも、主人の小屋を判別するのである。伝書鳩の持ち主は、空中に小さい点が突然現れ、ものすごい速さで降下してきて、正確に自分の小屋に降りてくる驚きを話している。素直で識別にたける鳩の目。「あなたの髪は、ギルアデの山から降りて来るやぎの群れのよう、」(雅歌 4:1)今度は、髪である。女性の髪は、権威に服するしるしとしてかぶるべきものとして、Tコリント 11:10 に書かれていて、服従の象徴である。その髪は、「ギルアデの山から降りて来るやぎの群れのよう」 であると言っている。ギルアデは、家畜に適した場所であった。カナン入国の時、「ルベンとガド族は、非常に多くの家畜を持っていて、ヤゼル(ギルアデにある町)の地とギルアデの地を見ると、その場所はほんとうに家畜に適した場所であったので、その地にとどまった。」とある(民数 32:1)。イスラエルの山羊は、普通の山羊よりも大きく、毛は黒く長く、大きな耳が垂れ下がっているシリヤ山羊と言われるものであるそうだ。漆黒の黒山羊である。ギルアデの満ち足りた環境の中で、荒野の山羊とは違い、満ち足りた平安の中、その黒山羊が号令に従順に群れをなして、花嫁のへりくだりの従順を表わすように、山腹に登るのではなく、山腹から降りてくるさまを、花嫁の長い黒髪に例えている。山羊は羊よりも賢い動物で、羊の群れを導くために先頭におかれるほどであるという。頭をおおっているのは、花婿の権威へのへりくだった従順さとかしこさであった。

 「あなたの歯は、洗い場から上って来て毛を刈られる雌羊の群れのようだ。それはみな、ふたごを産み、ふたごを産まないものは一頭もいない。」(雅歌 4:2)次は、歯の描写である。歯とは、食べ物を噛み砕くところである。洗い場から上って来たばかりの、つまり、きれいな真っ白な歯。毛を刈られる直前の羊の群れ、つまりきれいで丈夫にはえそろっている健康な歯。この葉は、何のためか。歯がはえていない頃は、みことばの乳を飲んでいた花嫁。今や、きれいな丈夫な歯がはえそろって、「堅い食物はおとなの物であって、経験によって良い物と悪い物とを見分ける感覚を訓練された人たちの物です。」(ヘブル 5:14)とあるような堅い肉も食べられるように成長していたのであった。堅い食べ物も良い物と悪い物とを見分け、噛み砕いて人に分け与えられるようになっていた花嫁は、そのみことばの食事で、霊の子供を産めるようになっていた。しかもふたご(ヘブル原語の「ふたごを産む、対になる」)である。子供を産むからこの羊は雌羊となっている。「ふたごを産まないものは一頭もいない(ヘブル原語の「子を産まないものはいない」)。」とあるように、成長した花嫁のみことばによる働きは、すべて、霊の子を産んでいくのである。

 「あなたのくちびるは紅の糸。あなたの口は愛らしい。」(雅歌 4:3)次に、くちびると口である。花びらではなく糸のようなくちびる、けっして美しいとは思えないが、紅の糸、New King James Version Bible(英国欽定訳)は、“a strand of scarlet”となっている。紅は、緋色である。ヘブル原語の「緋色」は、ヘブル原語の「うじ(トーラート<うじ、虫(柔らかくて毛がなくて細長い、腐れの原因およびそのしるしとしての)>)」から派生した語である。うじは腐敗した物や死んだものを食べて生きる。そういった意味で、英語の scarlet(緋色)には、「罪悪を象徴する緋色」という意味もある。Strandは、より糸である。「もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。」(伝道者 4:12)とある糸である。自分の罪深さを知っているへりくだりを持っているため、簡単には切れない強さを持っているくちびる。このようなくちびるは、プライドが傷ついたと、怒って毒をはいたり、つぶやいたりしない愛らしい口である。「あなたの頬は、顔おおいのうしろにあって、ざくろの片割れのようだ。」(雅歌 4:3)次は、頬である。この頬、ヘブル原語の「頬、こめかみ」であり、額の両脇にある平らな部分で、上下の頭蓋骨のちょうつがいの役割をしている。このこめかみが、ざくろの片割れに例えられている。ぱっくりと熟れて割れ、多くの種が現われているざくろの片割れ。雅歌 4:13,14の花嫁から産み出される9つのかおりの実とガラテヤ 5:22,23の御霊の実の9つの実の対比によるとざくろは、「愛」の象徴である。中東のことわざには、「ざくろを食べなさい、そうすれば、ねたみと憎しみが取り去られる。」というのがあるそうだ。ざくろは、中の種の部分を食する果実である。1章10節で、頬は意志に関することばであると述べた。「顔おおいのうしろにあって、」とあるように、へりくだりの中の愛にあふれた意志、また、愛の多くの種を含む頭と口のちょうつがいであるこめかみ、「愛は結びの帯として完全なものです。」(コロサイ 3:14)このへりくだりの愛で結ばれた知識と口は、完全である。

 次は首である。「あなたの首は、兵器庫のために建てられたダビデのやぐらのようだ。その上には千の盾が掛けられていて、みな勇士の丸い小盾だ。」(雅歌 4:4)首、すなわちうなじは、意志を表わしている。1章10節で、花嫁の首は、宝石の首飾り、“chains of gold”「金(神の神性)の鎖」で飾られた、つまり、主に明け渡された意志を見た。その意志が、ここでは、兵器庫のために建てられたダビデのやぐらに例えられている。 ヘブル原語の「ダビデ」=「愛されている者」である。武器を保管するために建てられたやぐら。愛のために戦う備えができている意志、花嫁の成長が見られる。不要な戦いはせず、千の盾が掛けられていて、守りも万全である。千、10×10×10、縦も横も奥行きも10、十全、神の完全さで守られた首。盾は、防御の武器である。「これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。」(エペソ 6:16)盾は信仰を表わす。欠けるところのない信仰によって守られた首。これらの盾は、みな勇士の丸い小盾であった。孤独だと思っていた花嫁、気がつくと、多くの信仰の勇士たちの祈りの守りによって完全に守られていた。祈りの勇士たちによる防御、角張って痛い守りではなく、丸くやさしい愛の守りである。兄弟たちにいじめられ傷つき、花婿を一時拒んでしまう経験を通り、人の弱さを知った花嫁は、多くの愛に気づく。

 「あなたの二つの乳房は、ゆりの花の間で草を食べているふたごのかもしか、二頭の子鹿のようだ。」(雅歌 4:5)次は、乳房である。赤子にミルクを飲ませる乳房は、愛、愛情の象徴である。雄鹿は防御のときは、その角で戦うこともするが、通常は、平和を愛する平和な動物である。まして、子鹿は、戦いなどしかけない。ゆりの花はへりくだりを表わす。へりくだりの中の平和。この二つの乳房は、バランスがとれていた。片寄ることのない愛のバランス、一致の愛。

 「そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、私は没薬の山、乳香の丘に行こう。」(雅歌 4:6)「そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、あなたは帰って来て、険しい山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってください。」(雅歌 2:17)と言っていた花嫁主導であるかのようなことばをも受けて、愛を返してくださる花婿の姿。暗闇、困難の時がくるまでに、没薬(へりくだり)の山、乳香(信仰)の丘に私は行っているからついておいでと主は言われる。「私は・・・行こう」であるが、強制はできないが、花嫁がついてくることを望んでおられることは、一体である夫婦となった今、明らかである。へりくだりは大きな山、信仰は丘、「もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ。』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。」(マタイ 17:20)花嫁もへりくだりがないわけではないが、信仰は丘のように、へりくだりは山のようにと、更なる成長を望んでおられるのである。

 「わが愛する者よ。あなたのすべては美しく、あなたには何の汚れもない。」(雅歌 4:7)更なるへりくだりと信仰と言ったが、花婿は、花嫁が不十分であると言ったわけではない。花嫁は安心してよいのである。花婿は、花嫁のすべてが美しく、何の汚れもないと、花嫁を安心させている。その上で、あなたは、もっともっと美しくなれる人だよと、言っているのである。花嫁を美しくさせるのは、花婿の愛である。婚礼を向かえた花嫁は、美しく成長していた。

 こうして、イエスの花嫁が整えられていく様子を見ることは、私たちに励ましを与える。花嫁も完全ではない欠陥を備えているのだが、花婿を、不完全かもしれないが精一杯の愛で愛していくうちに、花婿によって、花婿の愛によって、引き上げられ、整えられていくというさまを見ることができる。雅歌は、花婿の愛に満ちた花嫁への取り扱いを示し、私たちに励ましを与える書簡である。この後も、花嫁の苦しみは続くのだが、花婿に引き上げられ、どのようになっていくのか・・・。

落ち穂の会提供
posted by CVSA事務局 at 21:58| Comment(0) | 雅歌

2015年03月16日

『キリストの花嫁 3』雅歌 2:8-3:5

 前記事では、無気力になった花嫁が、花婿に、干しぶどうの菓子による力づけとりんごによる元気づけを懇願し、エルサレムの娘たちに、干渉しないことを誓わせたところまでを見た。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。上に愛という花婿の旗じるしを翻し、子やぎを飼う花嫁が、愛に病んで、時が経っていったようである。
-----------------
『狐や小狐の退治−自我の解放―』雅歌 2:8-3:5(新改訳聖書使用)

愛のすれ違い
 花嫁の懇願に、花婿は、左の腕を枕にし、右の手で抱きしめようと、駆けつける。「愛する方の声。ご覧、あの方が来られます。山々をとび越え、丘々の上をはねて。」(雅歌 2:8)みことばなるキリストは、みことばを携え、さっそうとすみやかに来られる。花嫁を助けようと・・・。

 「私の愛する方は、かもしかや若い鹿のようです。ご覧、あの方は私たちの壁のうしろにじっと立ち、窓からのぞき、格子越しにうかがっています。」(雅歌 2:9)駆けつける姿は、さっそうと雄々しく、まさしくかもしかや若い鹿(ヘブル原語では「の子鹿」)のようである。さっそうと駆けつけた花婿は、花嫁のもとに行ったのだが、近寄ることができなかった。壁があったのだ。私たちの壁と花嫁は言っているが、この壁は共同で作ったものではなく、花婿が作って行ったものでもなく、もとからあった土台に花嫁が自分で作り上げたものであった。しかも、これは、窓を開けて入れるようなものではなく、窓にはしっかりと格子がはめ込まれているような頑固なものであった。花嫁は心に頑固な壁を持ち、花婿を遮断していた。しかし、覗いてもらえるような窓はしっかりと作っているのである。いつの間に、このような壁が・・・、花婿は、壁の後ろにじっと立って、窓から格子越しに中を伺った。「私たちの長いいすは青々としています。」(雅歌 1:16)と言って、花婿のかたわらの緑の牧場を理解した花嫁であっても、彼女の意志でできた自我の壁が花婿との間をはばんでいた。壁を作ってしまった花嫁に、花婿は語りかける。壁を壊すことは、花嫁でなければできないのである。壁を壊せるのは、花嫁が自分の思いやプライドを捨てる決意をし、どんな危機の困難の中であっても、花婿を信頼し、心の奥底の主導権を花婿にゆだね渡すことによる。

 「私の愛する方は、私に語りかけて言われます。『わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。』」(雅歌 2:10)「さあ、そこで、防御の殻を作ってないで、殻から出ておいで。」と。「ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。」(雅歌 2:11)「冷たく厳しい冬は過ぎたよ、あなたを容赦なく打った大雨も過ぎて行ったよ」と。「地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。」(雅歌 2:12)十字架にかかる体験、裸(自我が露わ)にされる聖別の体験はもはや終わり、暖かい春がやってきた。地は花が咲き乱れ、美しくよいにおいで満ちている。鳥のさえずる歌声もまるで喜びの賛美のようだ。鳩は平和の象徴。中でも山鳩の特徴は、生涯に一度だけ結婚し、その配偶者に忠誠を尽くす一夫一妻制であるため、愛の象徴としてよく用いられている。平和な愛の風景である。花婿の語りかけは続く。「いちじくの木は実をならせ、ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ。わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。」(雅歌 2:13)春、花のない無花果(実は、花がないわけではなく、実の中にたくさんの花を蔵している)は、青い実をつける。ぶどうの木は、花をつけ、よいかおりを放つ。来るべき大収穫のための花である。「愛する美しい人よ、恐れないで、立ち上がって出ておいで。大収穫が来るよ。」と花婿は呼びかける。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。「出ておいで。」と呼びかけたが、花嫁の応答はなかったようである。

 さらに、花婿は呼びかける。「岩の裂け目、がけの隠れ場にいる私の鳩よ。私に、顔を見せておくれ。あなたの声を聞かせておくれ。あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。」(雅歌 2:14)「岩の裂け目、がけの隠れ場にいる私の鳩」花嫁の目を鳩のようだと言った(雅歌 1:15)花婿は、ここでも花嫁を素直で温順な鳩に例えている。しかも岩の裂け目、がけの隠れ場にいる鳩である。
 以前、集合住宅の9階に住んでいた時のある台風の夜、一羽の鳩が、我が家のベランダに非難してきた。暗い中、鳥目で見えないためか、暴風雨の中、飛び立ったら危険な状態を知っている鳩は、ひとつ場所にじっとしていた。鳩がベランダに住みつくと子作りをしてうるさく、糞害も大変であると聞いていたし、実際に卵を産まれたこともあるため、空き部屋であった隣にでも行ってとばかりに、そばにあったハンガーでつんつんしてみた。つんつんされた鳩は怖かったであろうに、じっとしていた。ハンガーがふれても知らん顔を決め込むように、こちらを見もせず、無視してじっとしていた。人間につんつんされて、怖くないわけではなかったろうに・・・。その姿を見て、いのちがけであることを知り、そのままにしておいた。少しして、少し小柄な鳩も来て、寄せ合うように一夜を過ごし、早朝に飛び立って行ったのか、起きてみると鳩の姿はなかった。ここなら安心とわかっているのか、突付く者があっても目に入れず、嵐が過ぎ去るまで、じっと嵐を見据え、微動だにしなかった鳩、恐れて飛び立ったなら、容赦ない嵐に倒れたかもしれない。「岩の裂け目、がけの隠れ場にいる鳩」とは、まさしくそのような状況である。嵐の中も、必ず嵐は過ぎ去るという信仰をもって、突付く者があっても、主の守りを信じ、見向きもせず、主の守りの中で耐えている花嫁。そのような花嫁に向かって、「危険なところにいたために、頑固な壁を作っているが、私はあなたが鳩のように素直であることを知っているよ。嵐は過ぎ去った。さあ、私に、顔を見せておくれ。」と花嫁は言う。花婿が花嫁の声を聞くことを望んでいるように、主も私たちの祈りの声を望んでおられる。「あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。」と言った花婿のように、私たちが祈る姿は、主の御前にとても愛らしく、美しく見えている。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。「声を聞かせておくれ。」と言われても、すぐに喜んで応答できないほどに病んでいる花嫁。

 「『私たちのために、ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕えておくれ。』私たちのぶどう畑は花盛りだから。」(雅歌 2:15)「私たちのために、ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕らえておくれ。」は、今まで花嫁が花婿に言っていたことばなのである。「そのままにしておいたのは、無視していたわけではない。しっかり聞いていたのだ」ということを伝える花婿。イエスさまはヘロデ・アンテパスを「あの狐」(ルカ 13:32)と言ったように、狐は、キタキツネなどを連想すると、かわいいところもあるが、決してよい動物とは言えない。イソップ物語など、童話に登場する狐は、その性質をよく語っている。狐は、単独で行動し、昼間は、他の動物から奪った穴で休み、夜、行動するという。また荒れ果てた廃墟を好む。雑食性で、ねずみ、うさぎ、きじ、かえるなどの小動物や、果実、特にぶどうを好んで食べる。性質は陰険でずる賢い。花嫁は、このような狐に、悩まされ、翻弄され、またせっかくなった少しのぶどうの実を荒らされた経験もあって、花婿に訴えていたことがあったのである。「私たちのために、ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕えておくれ。」花嫁の切なる訴えであった。花嫁は「花婿のためでもあるのだから、このいらだたせる狐を退治してくれてもよいではないか。」と言っていたのである。しかし、狐や小狐をとらえることは、花嫁にできる仕事なのである。花婿は、花嫁が成長するのをそっと見守り、待っていたのである。花嫁の目には、放置されているように見えたのだが…。狼や獅子を捕らえるのとは違うのである。しっしっと追い払えばよいのである。畑に入れなければよいのである。入ることを許さなければよいのである。その力を花嫁はすでに花婿によって与えられているのである。今、大収穫を予見するように、ぶどう畑は花盛りなのである。10節からのかぎ括弧は、壁の窓の格子越しの花婿のことばである。これまでの花婿と花嫁の応答には、かぎ括弧などついてはいなかった。直情的に応答していたのである。花嫁は、これをかぎ括弧をつけ、第三者的に、遠いことのように耳にしているのである。人間は、自分のしてほしい絶対的なことに固執していると、どのように麗しいことばであっても、他のことに耳を貸すことをしないものである。例えば、この花嫁は、花婿が、さっそうとかけつけ、いじめっ子から助けてくれることを望んでいたのであるが、花婿は、愛のことばを言い残して、立ち去っていった。主も、私たちが何かに固執している限り、これがみこころだといって、無理やり引きずり出したり、怒鳴っておどして連れ出すようなことはなさらない。花婿は、花嫁に、おしんのように我力でただひたすら耐えることを望んでおられるわけではなく(それもすばらしいかもしれないが、花婿と歩むためには妨げとなる)、花嫁自身の足で、立ち上がってついてくることを望んでおられるのである。

 立ち去った花婿を思い、花嫁は言う。「私の愛する方は私のもの。私はあの方のもの。」(雅歌 2:16)まだ、自我が捨てきれない花嫁。まず、「私の愛する方は私のもの。自分のもの。」と言っている。次に「私はあの方のもの。」ときている。こう言っていた花嫁が、後には、「私は、私の愛する方のもの。私の愛する方は私のもの。」(雅歌 6:3)と砕かれていくのである。「あの方はゆりの花の間で群れを飼っています。私の愛する方よ。そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、あなたは帰って来て、険しい山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってください。」(雅歌 2:16,17)ゆりの花、下にうつむくようにして咲くゆりの花は、へりくだりの象徴である。自我に固執する花嫁をおいて、花婿は、へりくだりの中で、群れを飼っている。立ち去った花婿を思い、花嫁は帰ってきてくれるように言っている。が、このことばの中には、自我がつまっている。「私の愛する方よ」と呼びかけてはいるが、次のことばは、「これこれこういう時までに、あなたは帰ってきて、こうこうこのようになるように。」と言っているのである。懇願ではなく、少し高い位置から、ことばはやわらかいが命令しているのである。「花婿なら当然よ」と言わんばかりである。これこれこういう時までにとは、どういう時までかと言うと、「そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、」原文では、「そよ風が吹き始め」夜のこと、「影が消え去るころ」も夜である。暗闇の時までに、ということである。「まあ、今はなんとか大丈夫だし、このままそっとしておいてほしいけど、もっと大変な暗闇の時になったら、あなたはすみやかに帰って来て、険しい山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってくださいよ。」こういったところだろうか。この後、ヘブル原語の「ヌン」という段落記号・段落を表わす文字が入っている。時が経った。

砕かれる自我
 強がったものの、時が経つとともに、花嫁はだんだん、不安になっていった。すぐに、花婿を探し回ることになる。「私は、夜、床についても、私の愛している人を捜していました。私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。」(雅歌 3:1)最初、花嫁のしたことは、捜しながらも、床につくことだった。「床について何もせず、休んでいよう。家宝は寝て待てと言うではないか。楽にして待っていれば、そのうち、時が来て、主(花婿)の方から、来てくださるに違いない。ハレルヤ。主よ、早く来てください。私は待っています。」信仰のように見えても、実は自我の中のあきらめである。寝て待つことは、ことわざであっても、聖書の真理ではない。聖書は、「求め続けよ、たたき続けよ、探し続けよ。」(マタイ 7:7参照)とある。「私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。」と何もしていないのだから、達成感もなく、むなしさが残る結果となる。

 達成感がないことから、花嫁が次にしたことは、人ごみ、にぎやかな通りを捜し回ることであった。「『さあ、起きて町を行き巡り、通りや広場で、私の愛している人を捜して来よう。』私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。」(雅歌 3:2)にぎやかに働いている街中、奉仕に忙しい場所、奉仕の大通りの中、わいわいと華やいで活気づいているところで、捜し始めたのであった。括弧の中は、「私は・・・捜して来よう。」と私が主語の労働である。奉仕は、大切な事柄であるが、主の助けと祝福によってなさせてくださる恵みである。主を捜すためとか、誉れとか、自分のためにという動機でなしたところで、恵みを見出せるものではない。「私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。」徒労に終わってしまう結果となる。主についての働きの大切さは、主とともに、主の後から、ということである。

 次に花嫁がしたことは、出会った夜回りに聞くことであった。「町を行き巡る夜回りたちが私を見つけました。『私の愛している人を、あなたがたはお見かけになりませんでしたか。』」(雅歌 3:3)「町を行き巡る夜回りたち」群れの監督者であり、見張る者といえば、宗教的な指導者、牧師、教師たちのことである。彼らは、「どうしたの?」と花嫁を見つけて尋ねたことだろう。花嫁は、わらにもすがりたい気持ちで尋ねる。「私の愛している人を、あなたがたはお見かけになりませんでしたか。どこに行けば会えるのでしょうか。」と。しかし、彼らも彼女のための答えは持ってはいず、首をかしげただけであった。いよいよ、花婿に会いたい一心で、花嫁は捜し続ける。主はこのように限界になるまで、信仰をためされる。信仰を引き出し、高めるために。

 「彼らのところを通り過ぎると間もなく(ヘブル原語は「すぐに」)、私の愛している人を私は見つけました。」(雅歌 3:4)床での休息、奉仕の大通り、夜回りでは見つからないことを学んだ花嫁が、捜す場所ももはやわからず、目をやると、偶然にもというか、花婿にしてみれば、この時をずっと待っていて、見守っていたからであるのだが、すぐに花婿を見つけることができたのであった。花嫁は、私は見つけましたと、言っているが、花婿は、花嫁のいる位置をいつも知っていて、待っていたのである。この瞬間を・・・。自我を手放す瞬間を・・・。「この方をしっかりつかまえて、放さず、とうとう、私の母の家に、私をみごもった人の奥の間に、お連れしました。」(雅歌 3:4)花嫁は、もはや、壁を作り、「放っておいてちょうだい。私は愛に病んでいるのだから。」という態度で接したりはしなかった。花婿への愛がほとばしり、目覚めたのである。自我のプライドを捨て、壁を自ら崩したのであった。自分のほうから、しっかりとつかまえて放さず、ことばだけではなく、態度をもっても、花婿の愛に応えたのであった。「私の母」聖霊さまは、私たちにみことばの光を照らし、私たちの霊の中にみことばを宿らせ、命を与えてくださる母なるお方である。聖霊さまの奥の間は、祈りの部屋である。花嫁は、祈りの部屋の戸を開け、花婿を連れて行った。祈り(花婿との語らい)の大切さをも悟ったのである。ぶどうの実を食べる狐、それは、人ではなく、自分の思い、そこから出た行動である。きっかけは、人から来たかもしれないが、狐に心を許し、疑いや不信仰の小狐を産むのは、自分自身である。狐を追い払い、不動の信仰に立つなら、神の国は広がっていく。花嫁は、花婿の呼びかけ、みこころを無視して、自分の意志・やり方で、花婿を捜したことによって、しばらくの間、花婿と離れ離れになるという犠牲を払った。しかし、この経験によって、自我をつつき、自我にしがみつかせようとするずるがしこい狐を追い払い、小狐を産ませないすべを学んだのである。

 狐を追い払おうとする時に、やはり、他人の干渉を相手にしている余裕はない。花嫁は、エルサレムの娘たちに、再度、念を押す。「エルサレムの娘たち。私は、かもしかや野の雌鹿をさして、あなたがたに誓っていただきます。揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。」(雅歌 3:5)狐は、ずるがしこく、自我を突付いてくるかもしれないが、私たちがなさなくてはならないことは、心に侵入し、聖霊の実すらも食べ尽くし、収穫の実をも成らせないようにする狐、小狐から、自分の畑を守ることである。

落ち穂の会提供
posted by CVSA事務局 at 08:53| Comment(0) | 雅歌