2017年08月07日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart8【最終回】

【それでは教会員はどうするか 祈り、謙虚に、恐れず、黙らず】

 自分の教会がカルト化し、マインド・コントロールが行われているのではないかと疑問を抱き始めた教会員は、どうすれば良いのでしょうか。
 まず、何よりも先に、祈ることが必要です。主が介入してくださるように。関係者一人ひとりに知恵と力と勇気を与えてくださるように。また、主の癒しが与えられるように。カルト化している教会には、傷ついている信徒が多くいます。問題が明るみに出るにしたがって、牧師が傷を受けることも考えられます。
 次に、個人的に牧師と会って、教会に関する問題点を打ち明けると良いでしょう。その中で重要なのは、カルトやマインド・コントロールの問題に関して、牧師に正しく理解していただくことです。どこに問題があるかについて、言葉で説明するか、本を読むように勧めます。自分に同調する仲間を作ろうとしたり、牧師の悪口を言い触らしたり、分裂を起こしたりすることは禁物です。
 第3番目に、牧師が問題点を認め、その改善のために対策を打ち出したなら、全面的にサポートすることです。お互いに赦し合い、お互いの癒しのために祈り合い、前のことを忘れて、共に健全な教会形成を目指しつつ力を合わせることです(ヤコブ5章16節)。
 第4番目に、牧師がマインド・コントロールの問題などを理解したうえで、教会にそのような事実はないと否定し、牧会方針の健全さを十分に説明した場合、その説明を謙虚に受け入れることです。牧師に対する誤解があったなら、赦しを求めることも必要でしょう。
 第5番目に、牧師が話に耳を貸さなかったり、マインド・コントロールに関する情報を拒否したり、「牧師を批判するとは何事だ!」という態度を見せて、話を持ちかけた信徒に罪責感を負わせようとした場合、同じ教団の理事か、カルト問題を専門的に扱う団体に相談すると良いでしょう。本当に問題があるかどうか、信徒だけで判断することが難しいケースがあります。また、牧師が信徒の話を受け付けなくても、先輩の先生、あるいは専門家の話なら聞く、ということも考えられるでしょう。
 第6番目に、事態が改善されない場合、最後の手段として、自分を守るために教会を去り、別の群れで交わりを求める、という選択があります。カルトは、グループを離れた者に「裏切り者」とレッテルを貼り、「神にさばかれる」と恐怖心を植え付けますが、これは、人をコントロールするための心理的トリックです。「宗教団体を出ることイコール神に背くこと」というカルトの論法は、聖書に何の根拠もありません。どこの宗教団体に属していようと、主はご自分を見上げる者を顧みてくださるのです。
 いずれの行動をとるにせよ、一人の信徒として、教会におけるカルト問題に立ち向かおうとする時、並々ならぬ勇気が要求されます。「私は信徒にしか過ぎない。先生にどうこう言う立場ではない」と考えて、問題に目をつぶるクリスチャンが多くいます。しかし、黙っていることは問題を容認することであり、場合によっては、「霊的虐待」に協力することにもなりかねません。主の助けを祈り求めつつ、声を上げるべきです。
 教会内(あるいは牧師)の問題を指摘されても、「神がさばかれるから、私は黙っているだけだ」と言う人がいます。一見、信仰深い態度のように見えますが、責任回避にもなりかねません。すべきことをしたうえで神のさばきに委ねるのであれば、それは謙虚で立派なことでしょう。しかし、罪に目をつぶり、問題に対して黙っていては悪を容認することにしかならないのです。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年10月27日号


20021027_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 13:26| Comment(0) | 教会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。