2017年05月10日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart2

【「神の権威」で自分に依存させるマインド・コントロールの仕組み】

 25年ほど前に、世界中の人々を震わせた、前代未聞の大事件が起きました。南米のガイアナという国のジャングル奥で、912人もの人々が集団自殺を図ったのです。彼らは、"People's Temple"(人民寺院)という宗教団体に属する信者たちで、教祖のジム・ジョーンズの指示に従って、毒入りジュースを飲み、自ら尊い命を投げ捨てた訳ですが、このショッキングな出来事以来、「カルト」と呼ばれる宗教団体とその活動、及び周りの社会に与える影響などが注目されるようになりました。特に、多くの学者が関心を抱いたのは、カルト教団教育のテクニックです。どうして、一人の人間が大勢の人々を完全にコントロールできるのかということです。
 アメリカのカルト問題の専門家スチーブン・ハッサン氏は、カルト信者の教育方法によってもたらされる結果を「マインド・コントロール・と呼んでいます。教育された本人は、自分で考えることをせず、グループからインプットされたことしか考えない訳です。そしてその結果、グループ(指導者)に依存するようになり、最終的にはその奴隷になるのです。
 マインド・コントロールの仕組みを理解するうえでキーワードとなるのは、「権威」という言葉です。一般の人間は、権威に対して弱い部分を持っています。立派な肩書を持っている人や裕福な人の言うことに一目を置きます。例えば、隣近所の奥さんが、「来週の木曜日に大地震が起こるから、今のうちに逃げた方が良い」と言ったとしても、その言葉を気にする人はほとんどいないでしょうが、言った人が東京大学の教授だとすると、その警告は重く受け止められるはずです。心理学者は、これを「権威の法則」と言います。
 宗教団体の創立者の最大の問題は、まさに、この「権威」の問題です。つまり、「私の言うことを聞かなければならない。私に従わない者は救われない」と、なぜ言えるのか、どのようにそのことを人に納得させるかです。権威が認められなければ、誰も信じてくれない訳です。カルト教団は、この問題を乗り越えるために、非常に手っ取り早い、しかも効率の良い手段を用います。つまり、彼らは神の権威を主張して、人を自分に依存させようとするのです。
 「あなたは、一人で聖書を読んでも分からないでしょう。また、今、悪がはびこっている世の中で、幸せな人生を見いだすことなど、ほとんど不可能だと思いませんか。しかし、私たちのグループには、神から特別に選ばれた人(人々)がいます。彼(彼ら)は、神の代弁者(預言者、忠実なしもべ、神の用いる唯一の伝達の経路)として、聖書を正しく解釈できるし、生きていくための知恵を知っているし、世の中の様々な問題の解決策を持っています。ですから、彼(彼ら)から教えを受けて、従っていけば、間違いなく幸せになれます。救われます」
 カルト信者は巧みな言葉をもって人々に近づいていきます。自信のない若者や、子育てなどで悩む主婦や、挫折しているサラリーマンにとっては、非常に魅力的な言葉です。心の平安を得ることができるからです。
 世の中が複雑になり洪水のように情報が氾濫している中で、多くの人々は何を信じたらよいか分かりません。現代人にとって、自分で考えて判断し、自分の人生に対して自分で責任を持つということは、とてもに苦手なのです。ですから、権威をもって単純な説明や回答を示してくれる宗教団体に、彼らは非常に弱いのです。神の権威を主張して、「これが絶対に正しい」と宣言する宗教団体があれば、その言葉に飛び付くのです。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年9月15日号


20020915_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 10:29| Comment(0) | 教会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。