2015年02月22日

「信仰という名の虐待」という言葉の登場

 「信仰という名の虐待」という言葉が、初めて登場したのは、2002年1月のクリスチャン新聞であった。
「普通の教会が『カルト』化する現象が増えている」という内容で、2002年1月20日号から9回にわたって、また、2002年9月8日号から8回にわたって、その問題をテーマにした2人の執筆者によるコラム記事が連載で取り上げられた。

その後、「『信仰』という名の虐待」「『信仰』という名の虐待”からの回復」「教会がカルト化するとき」という本にもなり、埋もれていたこの問題が、だんだん露見することとなった。

2002年のクリスチャン新聞の記事の一部は、著者パスカル・ズィービー氏のサイトに、その内容が記されている。
http://www2.ocn.ne.jp/~mind123c/home-page12.html

2006年5月28日号のクリスチャン新聞では、再度、このテーマが取り上げられた。
http://www2.ocn.ne.jp/~mind123c/home-page-newpage3.html
posted by CVSA事務局 at 21:37| Comment(0) | 支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。