2017年05月10日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart2

【「神の権威」で自分に依存させるマインド・コントロールの仕組み】

 25年ほど前に、世界中の人々を震わせた、前代未聞の大事件が起きました。南米のガイアナという国のジャングル奥で、912人もの人々が集団自殺を図ったのです。彼らは、"People's Temple"(人民寺院)という宗教団体に属する信者たちで、教祖のジム・ジョーンズの指示に従って、毒入りジュースを飲み、自ら尊い命を投げ捨てた訳ですが、このショッキングな出来事以来、「カルト」と呼ばれる宗教団体とその活動、及び周りの社会に与える影響などが注目されるようになりました。特に、多くの学者が関心を抱いたのは、カルト教団教育のテクニックです。どうして、一人の人間が大勢の人々を完全にコントロールできるのかということです。
 アメリカのカルト問題の専門家スチーブン・ハッサン氏は、カルト信者の教育方法によってもたらされる結果を「マインド・コントロール・と呼んでいます。教育された本人は、自分で考えることをせず、グループからインプットされたことしか考えない訳です。そしてその結果、グループ(指導者)に依存するようになり、最終的にはその奴隷になるのです。
 マインド・コントロールの仕組みを理解するうえでキーワードとなるのは、「権威」という言葉です。一般の人間は、権威に対して弱い部分を持っています。立派な肩書を持っている人や裕福な人の言うことに一目を置きます。例えば、隣近所の奥さんが、「来週の木曜日に大地震が起こるから、今のうちに逃げた方が良い」と言ったとしても、その言葉を気にする人はほとんどいないでしょうが、言った人が東京大学の教授だとすると、その警告は重く受け止められるはずです。心理学者は、これを「権威の法則」と言います。
 宗教団体の創立者の最大の問題は、まさに、この「権威」の問題です。つまり、「私の言うことを聞かなければならない。私に従わない者は救われない」と、なぜ言えるのか、どのようにそのことを人に納得させるかです。権威が認められなければ、誰も信じてくれない訳です。カルト教団は、この問題を乗り越えるために、非常に手っ取り早い、しかも効率の良い手段を用います。つまり、彼らは神の権威を主張して、人を自分に依存させようとするのです。
 「あなたは、一人で聖書を読んでも分からないでしょう。また、今、悪がはびこっている世の中で、幸せな人生を見いだすことなど、ほとんど不可能だと思いませんか。しかし、私たちのグループには、神から特別に選ばれた人(人々)がいます。彼(彼ら)は、神の代弁者(預言者、忠実なしもべ、神の用いる唯一の伝達の経路)として、聖書を正しく解釈できるし、生きていくための知恵を知っているし、世の中の様々な問題の解決策を持っています。ですから、彼(彼ら)から教えを受けて、従っていけば、間違いなく幸せになれます。救われます」
 カルト信者は巧みな言葉をもって人々に近づいていきます。自信のない若者や、子育てなどで悩む主婦や、挫折しているサラリーマンにとっては、非常に魅力的な言葉です。心の平安を得ることができるからです。
 世の中が複雑になり洪水のように情報が氾濫している中で、多くの人々は何を信じたらよいか分かりません。現代人にとって、自分で考えて判断し、自分の人生に対して自分で責任を持つということは、とてもに苦手なのです。ですから、権威をもって単純な説明や回答を示してくれる宗教団体に、彼らは非常に弱いのです。神の権威を主張して、「これが絶対に正しい」と宣言する宗教団体があれば、その言葉に飛び付くのです。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年9月15日号


20020915_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 10:29| Comment(0) | 教会問題

2017年05月03日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart1

【良いものと悪いものを見分け危険を自分で判断するために】

 30代の主婦から相談の電話がかかって来ました。最近、ご主人がカルト教団とかかわるようになり、別人のように人格が変わってしまったというのです。普通のサラリーマン生活を営みながら、朝と夜の集会参加や、「奉仕」に全精力を注ぎ始めたために、睡眠時間が3時間も取れなくなってしまったそうです。
 心配した奥さんが「ほどほどにした方が良いのではないか」と注意したところ、「離婚してほしい」と言われてしまい、ご主人が家に帰らなくなり、しかも、奥さんと2人の子どもの生活費を全く入れなくなった、というのです。
 胸の痛みを覚えながら、ご主人の関わっているグループの詳細について尋ねると、なんと、十字架を掲げたキリスト教会だと言われたのです。「神の預言者」と自称する牧師がいて、聖書から教えを説いているそうです。また、その牧師が人のために祈ると、その人が倒れたり、病気が治ったりするそうですが、日ごろ様々な悩みを持っていたご主人がインターネットでその教会の存在を知り、救いを求めて教会を訪ねると、こう言われたとのことです。「あなたは自分の意志でここに来たのではありません。神の聖霊によって導かれました。ですから、この教会にとどまっている限り、あなたは安全ですが、ここから離れたら滅びてしまうのです」
 更に、驚いたことに、その日のうちに洗礼を授けられたそうです。「神の預言者」の話には並々ならぬ説得力があったのでしょう。しかし、1人のサラリーマンがいとも簡単に説得されて、家族を捨てるほどの熱心な信者になるとは、「悲劇」と言うほかありません。
 また最近、「牧師から暴力を受けた」というクリスチャンからの報告が多数、著者のところに寄せられています。
 このような悲劇の根本的な原因は、現代人の識別力の乏しさにあります。カルトの巧妙なテクニックを見破ることができないのです。
 使徒パウロは、ピリピの町で信仰を持った、若いクリスチャンたちのために、こう祈っています。「あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように」(ピリピ1章9〜10節)。
 「識別力」とは、何が良いか悪いか、正しいか正しくないかを見分ける力です。この識別力は神からの知恵であり、求める者に賜物として与えられます。また、様々な人生体験、また聖書研究によって養われていくものですが(ヘブル書5章14節参照)、識別力のある人間は、人の話を鵜呑みにせず、注意深く考えたうえで、自分で判断を下します。たとえ、相手が「神の預言者」、あるいは「牧師」の権威を主張しても、です。
 今年5月、いのちのことば社より『「信仰」という名の虐待』という本が出されて、キリスト教会の中で傷つけられた方々の実態と、問題の原因となっている教会の体質が検証されましたが、本連載の目的は、問題を未然に防ぐために必要な「良い物と悪い物を見分ける感覚」(ヘブル書5章14節)を養い育てることにあります。それによって容易に、カルト教団の巧妙なマインド・コントロールの手法を見破ることができるようになると信じます。また、カルト化してしまった教会の中で傷つけられた人々の、心の癒しに役立つのではないかと考えます。
 更に、本連載の警鐘を通して、カルト的手法を用いることをやめて、聖書の原点に立ち返る教会が一つでもあれば、これ以上の喜びはありません。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年9月8日号


20020908_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 12:32| Comment(0) | 教会問題