2017年05月27日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart5

【「聖書を用いるから安心」か?指導者の解釈の絶対化は危険】

 カルト教団(あるいはカルト化した教会)が、聖書を武器として使うことがあります。指導者は、自分の勝手な、人間的な考えや計画を押し通すために、あるいは信者をコントロールするために、聖書を引用する訳です。「私よりも先生のほうが、はるかに聖書に精通しているのだから、従うしかない」と、信者は思考停止になり、言われたとおりの行動を取ります。
 もちろん、指導者として信者に聖書教育を施すことは必要です。しかし、それがただ、聖書の権威を振りかざし、信仰に有無を言わせず服従させるというやり方であってはなりません。十分な時間をかけて、聖書を説きながら、信者に考えさせ、納得させるのです。聖書の神を信じる指導者なら、強引に計画を進めることなどをせずに、聖霊が指導者の考えの正しさを信者に示してくださるまで、忍耐強く待つはずです。そうした聖霊の働きの中においてこそ、信者がキリストを見上げることを学び、神のみこころを祈り求めるようになり、自立した信仰が養われていくのです。
 「聖書を引用しているから」という理由で、宗教団体(教祖)の教えを鵜呑みにするのは、危険極まりないことです。福音書にあるように、悪魔でさえ、聖書を用いました(マタイ4章1〜11節参照)。また、パリサイ人たちも、独自の律法主義を人に押し付けるために、よく聖書を勉強し、引用しました。聖書を調べておきながら、パリサイ人たちは、その中心的存在であるキリストを認めませんでした。「いのちを得るためにわたしのもとに来ようとはしません」でした。聖書が正しく理解され、語られる時に、その結果として、人々はキリストのもとに来ます。キリストとの出会いを経験し、キリストとの個人的な関係を築いていくのです。それ以外の結果をもたらす教えは、聖書の悪用なのです。
 パリサイ人の聖書研究の、もう一つの誤りは、自分たちの言い伝えの重視です(マルコによる福音書7章1〜13節参照)。パリサイ人は、先祖から受け継いだ伝統を、聖書と同等視していました。結局のところ、彼らの聖書研究には、様々な「付属品」が付いていた訳です。これも今日、多くのカルトに見られるパターンです。例えば、「聖書に忠実な組織」という看板を掲げているものみの塔協会は、聖書だけでは不十分だという立場を取ります。「忠実で思慮深い奴隷」の助けがなければ、どんなに聖書を読んでも分からない、と言うのです。こうして、協会の刊行物(雑誌・書籍)が聖書と同等の権威を持つものとなります。
 しかし、そのような発想プロテスタントの信仰を否定するものです。宗教改革の三本柱は「恵みだけ」「万人祭司」「聖書だけ」です。プロテスタント・クリスチャンは常に、「聖書だけで十分である」と言う信仰を明確にし、大切にします。
 これに対してカルト化した宗教団体は、「私たちの教祖の解説書を読まなければ聖書を正しく理解できない」とか、「私たちの先生のメッセージを聞かなければ、救われるために必要な知識が得られない」とか、「教会が伝えている福音はもう古いから、新しい啓示が必要だ」というような主張を繰り返すのです。
 「聖書を用いているから、安心だ」という考え方は単純すぎます。自分の考えを権威づけ、正当化するために聖書を利用する人々が多くいます。その教えによってキリストの栄光が現されているか、そのメッセージは聖書の全体と調和しているか、それとも聖書の一部しか取り上げられていないか、などを注意深く考えて、冷静な判断をしなければならないのです。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年10月6日号


20021006_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 11:16| Comment(0) | 教会問題

2017年05月22日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart4

【「熱心だから正しい」は誤解 自由を奪い奴隷を生む結果も】

 聖書は、救われるための唯一の条件は信仰であると、終始一貫して語っています(エペソ2章8、9節、テトス3章5節)。この恵みの福音は、自分の弱さや罪を自覚している者にとっては喜ばしい知らせですが、自分はさほど悪い人間ではないと考えている人から見れば、ひどくプライドを傷つけられる話となります。そのような人々は、行いを強調する宗教に共鳴する訳です。
 カルト教団の指導者たちも、ほとんど例外なく、「行いイコール救い」を説きます。それは、彼らにとっては、好都合な教えだからです。カルトにおいては、組織の利益や拡大のために、いかに信者を働かせられるかが永遠の課題ですが、そのためのいちばん効果的で手っ取り早い方法は、「働かない者は救われない」と教えることなのです。
 更に、「神のための奉仕だ」と称して、熱心に働く信者の存在ほど、組織の宣伝になるものはありません。宗教を求める人は、必然的にも、まず、その宗教に入信している人間を見ます。そして、そこで、「熱心だから正しいはずだ」という結論を出すことがよくあるのです。
 エホバの証人の『奉仕年度報告』(伝道報告)を見て、ものみの塔聖書冊子協会に関心を持ったり、確信を強めたりする人々が大勢います。また、第二次世界大戦の時、ドイツのエホバの証人がひどい迫害に耐え、信仰を守り通したという話を聞いて、「この組織こそ神の真の組織であるに違いない」と納得する人も決して珍しくないのです。
 しかし、「熱心だから正しい」という、この単純な考え方には大きな落とし穴があります。問題は、何のための熱心さかということです。つまり、動機は何なのか、ということです。ただ神と人に仕えたいという純粋な心をもって、熱心に奉仕をするなら、それは立派なこととして称賛されるべきでしょう。しかし、その熱心さが救われるためのものになったり、組織に認められるための熱心さであるなら、自己中心的な熱心さになる訳で、決して聖書が勧めている熱心さではないのです。
 カルトの中で見られる熱心さは、まさに、このような間違った熱心さです。そして、使徒パウロも警告しているように、その熱心さによって、自由が奪われ、奴隷が生み出されるのです。
 「あなたがたに対するあの人々の熱心は正しいものではありません。彼らはあなたがたを自分たちに熱心にならせようとして、あなたがたを福音の恵みから締め出そうとしているのです。…キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい」(ガラテヤ4章17節、5章1節)。
 カルトが熱心なのは、伝道戦略に不可欠な要素だからです。多くの場合、新しい人は、カルト信者が一生懸命に活動している姿に引き付けられます。そして、こう考えます。「この人たちは真剣だ。きっと、ここには何か、素晴らしいものがあるに違いない」
 しかし、カルト信者の熱心な活動ぶりに感心する前に、何が彼らをそんなに熱心にさせているか、ということに注目しなければなりません。なぜなら、間違った熱心さもあり得るからです。救われるための熱心さ、仲間として認められるための熱心さ、人の称賛を求めるための熱心さ、ノルマを達成するための熱心さ、自信の無さを隠すための熱心さ、などです。これらの「熱心さ」は、聖書が述べている真の熱心さとは、異質のもので、神の御前で何の価値もない熱心さなのです。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年9月22日号


20020929_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 10:58| Comment(0) | 教会問題

2017年05月15日

教会がカルト化するとき 聖書による識別力を養うPart3

【聖書と実から吟味されるべき指導者への「服従」のありかた】

 マインド・コントロールの最大の問題点とされているのは、人間の成長が止まってしまうことです。人に依存している間は、人間は自分で考えることをやめ、精神的・霊的・知的成長がストップしてしまいます。本人は素晴らしい人生を発見したと喜んでいますが、その「素晴らしい人生」を歩み続けるために大きな代価を支払うことになります。つまり、自分の心を失ってしまうのです。
 最近、「あるキリスト教会で行われている聖書教育も、一種のマインド・コントロールではないか」と、指摘されるようになりました。牧師は神の権威を主張して「絶対服従」を信者に要求し、その牧会方針によって信者を傷つけてしまうケースが少なくありません。
 確かに、「あなたがたの指導者たちの言うことを聞き、また服従しなさい」という聖句があります(ヘブル13章17節)。「長老たちに従いなさい」とも書かれています(Tペテロ5章5節)。しかし、聖書が教える「服従」とは、何も考えずにやみくもに従うことではありません。霊的識別力のあるクリスチャンは、指導者の話を謙虚に聞いたうえで、それが聖書に忠実なメッセージであるかどうかを注意深く考慮します。そして、確かに聖書と一致した指示であると判断したなら、その指示に従いますが、指導者の言うことが聖書に基づいていない、あるいは聖書に反しているという結論に達した場合、服従しない道を選ぶのです。
 ペテロが語った「人に従うより、神に従うべきです」という言葉は有名ですが(使徒5章29節)、忘れてはいけないのは、これが神の権威を主張した当時の宗教指導者に対して語られた言葉であるということです。
 ベレヤの人々も、パウロから福音を聞いた時に、そのメッセージを鵜呑みにせずに、「はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べ」ました(使徒17章11節)。
 聖書に忠実な、真の霊的指導者は、神の権威を主張したりしません。実際のところ、「私は神から権威を授けられているから、私に従いなさい」と言う人は、そのように発言することによって、自分に権威がないことを自ら暴露しているのです。もちろん、聖書に忠実な牧会者には、権威は神から与えられるものですが、それを主張することによってではなく、模範を示すことによって、周囲の人々が認めるようになるものです。神より権威が与えられるのは、人を支配するためではなく、模範を示すためです。霊的な権威は、模範を示すための力なのです(Tペテロ5章3節)。
 また、聖書に忠実な指導者は、聖書の原則に従うことを信者に教えても、聖書が直接、言及していない私生活の問題に介入せず、プライベートな問題に関する判断を、信者に委ねます(ローマ書14章参照)。そうして、自立したクリスチャンを養い育てるのです。
 人をコントロールするために、カルト教団はしばしば、「指導者に服従しなさい」という聖書箇所を悪用します。「私は神から権威を授けられており、一般の信徒であるあなたよりも霊的な事柄を深く理解しているので、何も考えず私に従いなさい」と言います。しかし、聖書はやみくもに人に従う生活を推奨している訳ではありません。
 聖書は指導者の実を調べるように勧めています(マタイ7章15〜20節)。信用でき服従して安心な指導者は、キリストと同じような、しもべの心を持っています。クリスチャンは霊的指導者に従うべきです。しかし、神の権威を主張するすべての人に無条件について行くべきではありません。神のしもべとしての実を結んでいる人に従順になるべきなのです。(真理のみことば伝道協会代表 ウィリアム・ウッド)
----------
出典:クリスチャン新聞 2002年9月22日号


20020922_wood.gif
posted by CVSA事務局 at 10:46| Comment(0) | 教会問題